回想法に役立つ「あの日の写真館」

並び順 » 
  • あの日の写真館「東京東部」編

    あの日の写真館「東京東部」編
    写真は大正中期に撮影された「浅草六区(台東区)」の写真です。オペラ館は東京市浅草区公園六区に開業、映画上映されました。大正12年、関東大震災で崩壊しましたが翌年再建し映画上映されました。

    3,300円(内税)

  • あの日の写真館「東京西部」編

    あの日の写真館「東京西部」編
    写真は昭和初期に撮影された「三越裏カフェー街(新宿区)」の写真です。昭和に入ると、特殊喫茶としてバーやキャバレーのような形で次第に風俗的意味合いを持つ店も現れてきました。

    3,300円(内税)

  • あの日の写真館「東京南部」編

    あの日の写真館「東京南部」編
    写真は昭和6年に撮影された「第一京浜国道(品川区)」の写真です。大正7年、神奈川県が工事に着手の後、東京府も工事に着手。大震災後、大正13年改築に着手し、昭和5年に完成しました。

    3,300円(内税)

  • あの日の写真館「東京北部」編

    あの日の写真館「東京北部」編
    写真は昭和12年に撮影された「池袋駅東口・明治通り(豊島区)」の写真です。明治通りは昭和初期に開かれた通りでした。この通りを、市電・都電の路面電車が走ることはなかったそうです。

    3,300円(内税)

  • あの日の写真館「東京三多摩」編

    あの日の写真館「東京三多摩」編
    写真は昭和10年頃に撮影された「吉祥寺駅南口(武蔵野市)」の写真です。昭和9年に吉祥寺駅まで延伸した帝都線。当時の吉祥寺駅は、現在とは違った、広々とした駅前が見られました。

    3,300円(内税)

  • あの日の写真館「横浜市」編

    あの日の写真館「横浜市」編
    写真は昭和15年頃に撮影された「伊勢佐木町1丁目界隈(横浜中区)」の写真です。最盛期は、昭和3〜8年頃であったといいます。当時、「ヨコハマに行こう」と言えば、伊勢佐木町のことだったそうです。

    3,300円(内税)

  • あの日の写真館「鎌倉・逗子・葉山」編

    あの日の写真館「鎌倉・逗子・葉山」編
    写真は昭和13年に撮影された「若宮大路と江ノ電(鎌倉市)」の写真です。後方の鳥居は、鶴岡八幡宮「一の鳥居」。昭和10年代になると、バス事業は、公共の交通機関となりました。

    3,300円(内税)

  • あの日の写真館「名古屋市」編

    あの日の写真館「名古屋市」編
    写真は昭和10年に撮影された「名古屋駅前(名古屋市)」の写真です。二代目の駅舎の時代。名古屋市は昭和10年末から、順次、バス会社の買収を開始し交通事業の安定を計ったのです。

    3,300円(内税)

  • あの日の写真館「大阪市」編

    あの日の写真館「大阪市」編
    写真は昭和7年頃に撮影された「心斎橋筋(中央区)」の写真です。大阪市を代表する日本有数の繁華街。昭和5年頃流行った「銀ブラ」に対し「心ブラ」と言われるほど賑わいました。

    3,300円(内税)

  • あの日の写真館「沖縄県」編

    あの日の写真館「沖縄県」編
    写真は昭和初期に撮影された「嘉手納駅(嘉手納町)」の写真です。那覇からの沖縄県営鉄道嘉手納線の終点であります。嘉手納駅からは精糖工場への引き込み線がありました。

    3,300円(内税)

  • あの日の写真館「北海道」編

    あの日の写真館「北海道」編
    写真は昭和初期に撮影された「札幌駅前のバス停(札幌市)」の写真です。昭和5年に市バスが誕生しました。路線は山鼻西線、山鼻東線、一条大学線の3路線ありました。

    3,300円(内税)

  • あの日の写真館「宮城県」編

    あの日の写真館「宮城県」編
    写真は大正末頃に撮影された「仙台駅前(仙台市)」の写真です。大正15年に仙台市電が開通し、駅前広場に隣接する駅前通りに仙台駅前停留所が設けられました。

    3,300円(内税)

15,000円以上で送料無料